Q&A技術的な質問

部分的に縮毛矯正をして欲しいのですが、可能ですか?

もちろん可能です。前髪や顔回りを希望される方が多いです。

パーマをかけたその日はシャンプーしたらダメ?

シャンプーしていただいて構いません。
ただし、自然乾燥や半乾きはダメージになったりパーマの持ちが悪くなります。必ず100%ドライをお願いします。

パーマをできるだけ長くもたせるには?

シャンプー後必ず100%ドライすること。
石油系界面を使用したシャンプー剤で洗わない事でパーマの持ちが良くなり、ダメージからも守れます。

パーマをかけたらやっぱり髪は傷むものでしょうか?

髪にやさしい薬剤を使用し出来る限り痛まないようにしていますので、その場で痛むことはありません。
しかし、ダメージになるきっかけを作っていますので、ホームケアをしっかりがんばりましょう。

黒く染めた髪を、すぐに明るくできますか?

ホームカラーで黒く染めたカラーでも染料だけ落としたり、脱色して明るくすることは可能です。
ただし、黒染めはなかなか落ちづらく、キレイに染まりづらいため、時間をかけてご希望の明るさにしていくことをおススメします。

カラーによって料金がすごく変わってくるのはなぜ?

ご希望の仕上がりやお悩みに合わせた薬剤を使い分けています。
デザインによっては数回のカラーが必要になることもあります。
仕上がりや予算に合わせた提案をさせていただきます。

カラーの種類にはどんなものがある?

地毛よりも明るく染めるカラーや白髪をしっかり染められる物、髪や肌に優しいカラー、髪の表面をコーティングするようなカラーなど希望のスタイルに合わせてご提案させていただきます。

髪の毛を伸ばしてるんですが、切らない方がよいでしょうか?

最終的にどんな髪型にしたいかでのばし方が変わってきますが、毛先のダメージやお手入れもしづらくなりますので、今までと変わらずにカットすることをおすすめします。

正しいシャンプーの仕方は?

まずはしっかり熱すぎないお湯で流します。
シャンプーは指の腹で洗い、シャンプー剤が残らないようにしっかり流しましょう。

リタッチとは何ですか?

根本の伸びた髪1㎝~1.5㎝を中間の色に合わせるカラーになります。
薬剤塗布は根本のみになります。

カラーはどのくらいのペースで行くのが理想ですか?

根本や毛先の退色が気になる1ヶ月~2か月をおススメしています。
髪や肌に優しい薬剤を使用していますのでダメージの心配はありません。

髪の梅雨対策の方法はありますか?

スタイルにもより方法はいろいろありますが、サロントリートメントで保湿やコーティング、ストレートパーマによるボリュームダウン、パーマでスタイルチェンジやカラーでボリュームコントロール、ホームケアでの対策といろいろな事ができます。迷わずご相談下さい。

1 / 212